トヨタ ハイブリッド HS250h レクサス

トヨタ ハイブリッド HS250h レクサス クルマ・バイク

v39264aレクサス.jpg

レクサスHS250h、小さな高級車を目指した新型ハイブリッド

トヨタ自動車は2009年7月14日、レクサスブランド初のハイブリッド専用車「レクサスHS250h」を発売した。2.4Lエンジンを積むFFの4ドアセダンで、10-15モード燃費は23km/L、車両本体価格は395万〜535万円だ。日本での販売目標は月間500台だが、トヨタによれば7月14日時点で既に3000台を受注しているという。

 車名の「HS」はHarmonious(調和)とSedan(セダン)の頭文字で、環境や人、上質との調和を備えたクルマという意味が込められている。また「250」は2.5Lクラスの動力性能、末尾の「h」はハイブリッド車を示す。

ボディーサイズは全長4700×全幅1785×全高1505mmで、レクサスブランドで最も小型の「レクサスIS」(4575×1795×1430mm)よりもやや大きく、トヨタ「マークX」(4730×1775×1435mm)と同程度の大きさ。北米ではコンパクトカー、欧州ではDセグメントに分類されるサイズで、「メルセデス・ベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」「アウディA4」などがライバルになる。


宝くじ当たれ〜


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。